Author Archive

文化の大衆化と大衆文化(演劇)の発展

2014-02-13

かかる大衆は文化に対してどういう行動をとるであろうか。受動的で非合理的な、暗示によって行動する彼等は、貴族的な高級文化や伝統的な民俗芸術に対してソッポを向き、新しい文化的要求は一応持ってはいるのだが、自分みずから文化を創進しようとはしない。したがって今日の大衆文化は上から与えられているのであって、下から生みだされ民衆自身の表現である民俗芸術とは本質的に異っている。高級な、もしくは民俗的な芸術を手っとり早く大衆に与えるためには何か迎合的な加工を施さなければならない。例えば演劇でいえばパロディ方式である。(もっとも、この種のものでは原作はホンのダシである場合の方が多いが〉いわく「お笑い忠臣蔵」、「新版ハムレット」等々……、またあるいは二枚目スターの演ずる「源氏物語」など。
また民謡などにしても洋楽器を用い洋楽風に編曲し、歌詞も新たに作り直さなければ大衆の中へは入ってゆかない。一般大衆が民謡として認識しているそれは、地方郷土における素朴な歌謡ではなくして、ラジオやレコードに聴く唄代的な編曲になり、レコード会社専属歌子の吹込みになるそれである。日本物ばかりでなく、「エル・チョクロ」が「火の接吻」、「アディオス・ムチャーチョス」が「アイ・ゲット・アイデア」となって流行したのもこれと似た事情によるものだが、その他にもたとえば「エリーゼのために」が「情熱の花」、「熊怖の飛行」が「バンプル・プギ」となり、「ボギー大佐」が映同のテーマに使われ「クワイ河マーチ」と名を変えて流行するなど、その道の専門家にしてみれば「原山をぼうとくするものだ」と眉をしかめざるを得ないことだろう。そしてまた「金色夜叉」・「婦系図」・「国定忠治」などの名セリフはむしろマス・コミによるパロディの方で大衆に親しまれている。
こうみてくると、では.既成の「高級」な、または「伝統的」な芸術は現代では全く影をひそめていなければならない。ところが、現代においてもなお歌舞伎・新派・新劇のごとき「高級」な演劇は厳として存在しているのである。つまり現代の大衆の何パーセントかは「高級」なあるいは「伝統的」な文化芸術に浴しているのであれているものがこれである。すなわちかつての高級文化の宇受持であった市民階級に代って大衆が高級文化を観賞するようになったものである。ただ一日に大衆といっても、それはあたかもピラミッドのごとく種々の層があることを銘記しなければいけない。
かように、市民階級が残務し大衆階級が拾頭してくると、それまで市民階級のものであった「高級」な文化が大衆化し、同時に、新たに生れた大衆階級に照応して新たな大衆文化が発展してくる。そこで今日の社会においては、既成の市民文化と新興の大衆文化とが混然とした状態で共存しているのである。であるから現代の文化とは、はなはだ乱脈な雑文化であると称していいだろう。
能や歌舞伎はその背卑俗な民衆芸術たる猿楽の能、阿国歌舞伎からそれぞれ生れたものであった。すなわち当時の権力者であり支配者層であった武家や貴族、中流以上の町人階級の手によって集大成され高級芸術として生れ変ったのである。俄(仁輸加〉もまた庶民の巷間芸術であったが曾我廼家五郎・十郎によって「喜劇」にまで発展、ブルジョア階級の賞するところとなった。かような自らの生活に密策した芸能を持っていた当時の民衆は、現代における、マス・コミに支配され、文化といえば常に上から与えられるものを無抵抗に受入れている大衆とは本質的に異なり、そういう点ではエリートでさえあった。

沢田正二郎の新国劇や井上正夫の演劇道場――いわゆる中間演劇がその当初「大衆とともに」を唱えたのはあまりにも有名であるが、その新国劇から剣劇、またさらにそこから女剣劇という一層大衆性の濃いものが派生した。五郎・十郎の曾我姐家喜劇も五九郎や五一郎によって浅草の大衆のものとなり、またオペラも帝劇から没収へとところを変えればその歌声はたちまちにして一世を風靡した。そして日本の近代化と大衆階級の拾頭がますます顕著になってきた昭和初頭には「カジノ・フォーリー」の出現をみるのである。「カジノ」の出し物は、当時のエロ・グロ・ナンセンスという社会風潮を背景とし、映画・ジャズ・レビュー等の新流行の材料をよせ集めて作ったものであり、破固たる伝統もなく、その意味ではまったく新しい形の大衆演劇であったといえる。このカジノにおける軽演劇は、さらに発展して多くの足跡を残し、その系譜は「笑の王国」、「ムーラン・ルージュ」を経て今日のミュージカルに及んでいる。

2014-02-13

河竹繁俊

『日本の大衆演劇』の著者の向井爽也君は、早大の仏文科と政治科を卒業してから、大学院では演劇研究科にはいったので、私どもと一しょに勉強することになった。はじめに提出された研山九計画を見ると「わが国軽演劇の研究」とあった。

これは面白いぞと目をつけていると、向井君そのものが、レヴューの発祥地であるフランスの文学を研究していたらしい、いかにもモダーンな青年。であるのみならず、研究テーマの説明や抱負を聴いてみると、中学時代にはムーラン・ルージュに日参したり、早大在学中にも軽演劇の一座を組織したり、ストリップ劇場に手伝いに行ったことなどもあるという。これだけの前歴、体験歴があれば鬼にかな棒だから、しっかりやりたまえと激励し、大いに期待したのであった。それから二年問、向井君がムズムズコツコツとまとめあげたのが修士論文の「わが国軽演劇の形態」であった。私はじめ三人の審査員が、これは異色だ、見事だと即座に合格の太鼓判を押したのであった。今回のこの著は、その時の論文を基礎にして大増訂を加え、ご覧のように挿絵も豊富に加え、りっぱにまとめられたものなのである。
まず大衆及び大衆演劇なるものの考察にはじまって、大衆演劇の温床である浅草の諸芸能からチャンパラ劇、浅草オペラ、軽演劇の代表エノケンのカジノ・フォーリー、笑いの王国、アチャラカ物、それから戦後のストリップやミュージカル等のショーにも及ぶたいぶな原稿。さすがに、忙しい中で図書館がよいもして、雑誌の零細な記事まで蒐集整理しただけあって、なかなかいいものになっている。
さらに結論的にいうと、この本は二つの大きな意義を持ち、またその使命を相当に果していると思う。
その一つは、資料価値においても貴重だということである。軽演劇とかミュージカルと呼ばれるものは、もっとも大衆的であると同時に、あまりに気安くぞんざいに考えられるために、一枚のプロも失なわれがち、とかくなおざりにされがちで 。したがって、それらの資料を蒐集整理しておいてくれるだけでも、文化史的、演劇史的に見ると、非常に貴重なことなのである。その点、戦後まで及ぼした類書はほとんどないのではなかろうか。ここにこの本の特異性がある。
その二は、この書におさめられた大衆演劇は、将来の新国民劇を示唆する有力な基礎になるであろうということである。というのは、いつの時代の代表的演劇でも、またいまでは古典演劇と言われているものでも、その発現は庶民芸能から出ているからである。典雅荘重な能楽も卑俗な猿楽芸能から芽ばえて芸術的に昇華したものであり、文楽も歌舞伎も庶民芸能から芽ばえて芸術的に昇華したのであった。と同様に、戦後の文化を代表する国民的演劇も(それはいつの日に大成されるかわからないが)、その萌芽は大衆演劇の中に発見されなければならないからである。
右のように、本書は、少なくも二つの特殊な意義を持っているから、大衆演劇や芸能界に関連のある人はもとより、一般文化に関心を持つ人々によって、ひろく読んでいただきたい。これによって芸能関係者は反省と考慮の機会をとらえて、よりよき方向の進展を期し、一般文化人は、大衆演劇をよりよき方向に指導することを念願としてもらいたいからである。

一九六二年 秋日

Newer Entries »
Copyright© 1962 日本の大衆演劇 All Rights Reserved.